インテリジェンス質量式配合装置

JCW2-i

マツイが開発したセルフコントロール機能 iplas を搭載した知能化された配合装置です。
樹脂の使用量を自ら判断し、必要最小限の配合バッチ量に自動的に最適化、 混ぜ残りを最小限におさえます。

◆ 特長

  • 供給最適化ソフトと終了予告信号で 樹脂のムダを約 99%まで削減
  • 従来機比較約 1/2 の設置面積で、最大 145kg/h の配合能力を確保
  • 対話式設定で、誰でも簡単に操作可能
  • 材料毎に最適な計量条件を自動検出&自動運転
  • 残った材料はホッパ下部より全量排出可能
  • ホッパ、スクリュとも脱着可能、高い清掃性を実現

※ご購入に関しましては ⇒ もよりの営業所・サービス拠点にお問い合わせください