DPD3.1

真空伝熱方式により、真空下で熱をかけることにより、金型へのガスの付着とそれによるトラブルを低減させます。材料によっては、酸化・黄変を防止し、黒点異物を減少させる 効果もあります。

◆ 特長

  • 真空によるガス取り効果で、金型へのガスの付着を抑制します。
  • N2 ガス注入により、酸化・黄変、及び黒点の発生を防止します。
  • エアショック機能により材料のブリッジやブロッキングを防止します。
  • 真空乾燥(小風量乾燥)はコンタミ混入防止対策が容易です。

※ご購入に関しましては ⇒ もよりの営業所・サービス拠点にお問い合わせください